脇 洗い方

洗いにくい脇の窪み

お風呂に入りますと、ボディーシャンプーで体を洗う人は多いと思います。
脇を洗う際、窪みを意識して洗うわけですから、作業がしづらいなと感じる時があります。
ちょっと強めに擦ったりして、脇の汗の臭いを落としています。

 

石鹸

 

ですが、時には十分に洗えていなかったりして、少しでも汗を掻くと、少々臭う場合があります。
夏場は暑いですから、お風呂から上がっても、なかなか汗が引きません。
その時の汗の掻き具合によっては、体内の中から鉄分が放出されるケースもあります。

 

バスタオルが鉄の臭いのする時があり、十分に体を拭いたつもりでも、体にその鉄の臭いが付着してしまいます。バスタオルを毎日のように洗濯しても、あまり効果はありません。

 

体内から塩分が不足してしまうと、補給をするのにも気を配らなければなりません。
夏場は油断できないことが多いです。

 

脇汗は冬場でも掻きますから、洗う際は疎かにできません。
夏の時期は、服を毎日変えないと、汗の臭いが染み付いてしまいます。
もちろん、下着も毎日変えます。
変えていない人は、脇の部分が変色しているはずです。

 

そうなると、洗濯しただけでは汗の汚れが取れず、黄ばんだままの状態になります。
ヒドイ場合は、ピンク色に変色したシャツを見たことがあります。
何故ピンク色になるのか理解できませんが、これを着たいと思う人は恐らくいないでしょう。

 

こういった過程を考えれは、入浴時の脇の部分を入念に洗うことは、いかに大事かということが分かるはずです。